すべてのカテゴリー

ホームページ > ロレックスエアキングコピー >

ロレックス 6263 レプリカ


背中:グリーン・ロレックス・ロゴスタンプで後ろにイオン・メッキのステンレス鋼プッシュ
性別:男性
運動:運動(自動)
品質:日本三味板
カラー:ネロ
ケース:イオン・メッキのステンレス鋼ケース
ブレスレット:イオン・メッキのステンレス鋼リンク・ブレスレット
ブレスレット長:195×20 mm
イオンメッキステンレス鋼ベゼル
バンドタイプ:鋼のinossidabile
直径:48×40 mm
サファイアクリスタル
クラウン:ロレックス・ロゴ付きイオン・メッキのカットワーク王冠
ケース厚:13 mm




Rolex Daytona「Paul Newman Panda」骨董腕時計が400万香港元で競売にかけられました。


このDaytonaが70年代に世に出たのは、


米国の映画スターPaul Newmanが1969年にDaytona Ref.629を連れてクラシックカー映画「Winning」に主演し、


ロレックス 6263 レプリカ


多くのファンの注目を集めて買い占めブームを巻き起こしたからです。


「Paul Newman」と呼ばれるDaytonaはデザインにも特別なものがあり、


その小さい文字盤の3、6、9目盛の位置には方眼ダイスがあり、


そのため通称「サイコロ面」と呼ばれ、


ロレックス 6263 レプリカ


文字盤の端に印刷される目盛も一般のDaytonaとは異なり、


9時の位置の秒針小文字盤は15、30、45、60の時刻を採用しています。


今回Christie’sで競売されたRolex Daytonaの「Paul Newman Panda」Ref.263のアンティーク腕時計は$4,020,000香港元で売られています。


Rolexの腕時計は新版でもアンティークタイプでも購買力が異なる人が人気を集めています。


ロレックス 6263 レプリカ